第24回定期演奏会 関連

第18回定期演奏会より

参考演奏 前回定期演奏会の録音です。パスワードは定期演奏会の開催年。

練習用音源

メサイアを歌おう(Windows、Androidから聴けます)
メサイア練習用YouTube

以下は、mp3に変換ずみなので、お気軽に聴けます。

練習記録

2024年7月13日

Voice recording

#24 Surely, #25 And with his stripes
#26 All we like sheep

Report

#24 Surely he hath borne our griefs
#25 And with he stripes we are healed
#26 All we like sheep have gone astray

24.25.26番と進みました。

顔を上げて指揮をみて歌うことを基本姿勢としましょう。
金井先生が私たちを観察しながら繰り出すたくさんの指示をしっかり受け止めましょう。
他のパートを聴いてバランスをとりましょう。自分の声しか聴こえていない状況では合唱になりません。

【金井先生からの宿題】レベルアップのために続けましょう!
現状は音程、リズム、ディクション等、歌う為の要素の訓練が足りていない、、
 口が動かず息のスピードが上がらない。
 前回演奏会のTIVEの本番のテンポで次回に供えてリズム読みをするよう団員に徹底して下さい。

次回
パート練習 アルト
パート発声 バス テノール
アンサンブルは28番からスタート

Preparation

予習用の前回演奏の合唱パートをおいておきます。ここにないものは、以下から見つけてください。最低限この速さでのリズム読みに慣れていきましょう。

messiah archive 2014
1部 01.Sinfonia 02.Comfort ye my people-Every valley shall be exalted 03.And the glory of the Lord 04.Thus saith the Lord...
#28 He trusted in God
#33 Lift up your heads, o ye gates
#35 Let all the angels of God worship him
#37 The lord gave the word

2024年7月7日

Voice recording

240707_Nr17 Glory to God
240707_Nr21 His yoke is easy
240707_Nr22 Behold the Lamb of God

Report

#17 Glory to God
#21 His yoke is easy
#22 Behold the Lamb of God

どのような音楽にしたいのか、イメージしてから声にしましょう。
メリスマはロングトーンのように支えて、突かない、切らない、ずり上げない。特に人数の多いパートは一人一人が気をつけることが大事。
他のパートを聴いてバランスをとりましょう。

【金井先生からの宿題】レベルアップのために続けましょう!

次回
パート発声 バス
アンサンブルは24番からスタート

Preparation

予習用の前回演奏の合唱パートをおいておきます。ここにないものは、以下から見つけてください。最低限この速さでのリズム読みに慣れていきましょう。

messiah archive 2014
1部 01.Sinfonia 02.Comfort ye my people-Every valley shall be exalted 03.And the glory of the Lord 04.Thus saith the Lord...
#24 Surely He hath borne our griefs,
#25 And with his stripes we are hired
#26 All we like sheep
#28 He trusted in God

2024年6月29日

Voice recording

#4 And the glory of the lord
#7 And he shall purify
#9 O thou that tellest good tidings to Zion
#12 For unto us a child is born
男声パート練習

Report

#4 And the glory of the lord
#7 And he shall purify
#9 O thou that tellest good tidings to Zion
#12 For unto us a child is born

3巡目の再スタート。4、7、9、12と進みました。
金井先生からの宿題は繰り返し行ってください。録音を聴いてみると6月22日より6月29日はぐんと良くなってます。この調子でいきましょう!
【金井先生からの宿題】
現状は音程、リズム、ディクション等、歌う為の要素の訓練が足りていない、、
口が動かず息のスピードが上がらない。
前回演奏会のTIVEの本番のテンポで次回に供えてリズム読みをするように徹底して下さい。

次回
パート練習 ソプラノ テノール
パート発声 アルト
アンサンブルは17番からスタートし4〜5曲ほど進みます 

Preparation

予習用の前回演奏の合唱パートをおいておきます。ここにないものは、以下から見つけてください。最低限この速さでのリズム読みに慣れていきましょう。

messiah archive 2014
1部 01.Sinfonia 02.Comfort ye my people-Every valley shall be exalted 03.And the glory of the Lord 04.Thus saith the Lord...
#16,17 .There were shepherds abiding in the field-Glory to God
#21 His yoke is easy
#22.Behold the Lamb of God
#24 Surely He hath borne our griefs,
#25 And with his stripes we are hired

2024年6月22日

Voice recording

Report

#4 And the glory of the lord
#7 And he shall purify
#8 O thou that tellest good tidings to Zion
#24 Surely he hath borne our griefs

4、7、9、24と進みましたが、発声やリズム、テンポなど指揮者の指示通りに演奏できないまま迷走。
バロックの様式で演奏するために必要な事をしましょう。

次回
パート練習ソプラノ、テノール&バス
パート発声ソプラノ
アンサンブルは再び4番からスタートし8曲ほど進む予定

Preparation

予習用の前回演奏の合唱パートをおいておきます。ここにないものは、以下から見つけてください。最低限この速さでのリズム読みに慣れていきましょう。

messiah archive 2014
1部 01.Sinfonia 02.Comfort ye my people-Every valley shall be exalted 03.And the glory of the Lord 04.Thus saith the Lord...
#4 And the glory of the lord
#7 And He shall purify
#8,9 Behold, a Virgin shall conceive-O thou that tellest good tidings to Zion
#12 For unto us a Child is born
#16,17 .There were shepherds abiding in the field-Glory to God
#21 His yoke is easy
#24 Surely He hath borne our griefs,

2024年6月8日

Video

今回はありません

Report

#53 Worthy is the Lamb that was Slain
Amen
#4 And the glory of the lord

53番 満天の星のもとに柔らかく豊かに響く沢山の人々の祈りをイメージ。立体感をもってamen amen…と聞こえてくるように。

4番 軽く明るく遠くへ、バロックの音型で、

練習は3巡目に入りました。パート毎のチーム力が大事に効率よく体を使いましょう。

次回
パート発声アルト
アンサンブルは4番からスタートします。

Voice recording

240608_①No53 Worthy is the Lamb that was slain
240608_②No53 Amen
240608_③No4 And the glory the glory of the Lord

2024年5月24日

Video

今回はありません

Report

#46 Since by man came death
#51 But thanks be to God
#53 Worthy is the Lamb that was Slain

よき歌声のための運動性、それをもって演奏する再現性。イメージあるアプローチを!
先生は一人ひとりを観察しながら指導されてます。せっかくのサインを見逃さないように、ちゃんと顔を上げて歌いましょう。
ほぼ暗譜でお願いします。

次回
パート練習アルトとテノール+バス
パート発声ソプラノ
アンサンブルは終曲から4番へ。

★パート練習の会場はほとんどの場合は朝9時から利用可能ですので、希望者は金子またはパートリーダーに事前にお声かけください。


アンサンブルは46番からスタートします。

Voice recording

240525_No46.
240525_No51
240525_No53

2024年5月11日

Video

Report

#41 Let us break their bonds asunder
#44 Hallelujah
#46 Since by man came death

バロック様式、音程、リズム、発音、発声を全員が共有してTIVEのメサイアを作ります。
耳をしっかり使い前後左右の人と声を聴き合いながら歌いましょう。それが出来たら他パートの声も聴きましょう。自分が歌うことに夢中になってしまっては合唱としての美しいハーモニーは生まれません。

次回
パート練習アルトとソプラノ
パート発声バス


アンサンブルは46番からスタートします。

Voice recording

0511前半
0511後半

2024年5月6日

Video

Report

#37 The Lord gave the word
#39 Their sound is gone out
#41 Let us break their bonds asunder
#44 Hallelujah

バロックの息づかいは初速が重要、様式感を大事に演奏をしましょう。
そのための運動性や機能性を身につけて、団員同士高めあうため、どのように聴こえるか見えるか正直な観察結果を愛をもって伝え合いましょう。録音や動画で練習内容をふり返り、パートとして何が出来てるか出来てないか確認しましょう。

次回、パート練習はソプラノとアルト、パート発声はテノール
アンサンブルは41番からスタートします。

Voice recording

0506TIVEアンサンブル練習1
0506TIVEアンサンブル練習2

2024年4月27日

Video

Report

#37 The Lord gave the word
#39 Their sound is gone out
#41 Let us break their bonds asunder
#44 Hallelujah

バロックの息づかいは初速が重要、様式感を大事に演奏をしましょう。
そのための運動性や機能性を身につけて、団員同士高めあうため、どのように聴こえるか見えるか正直な観察結果を愛をもって伝え合いましょう。録音や動画で練習内容をふり返り、パートとして何が出来てるか出来てないか確認しましょう。

次回、パート練習はソプラノとアルト、パート発声はテノール
アンサンブルは41番からスタートします。

Voice recording

2024年4月20日

#25 And with his stripes we are healed
#26 All we like sheep have gone astray #28 He trusted in God  

ヘンデルは曲と物語が進行する中でいくつもの仕掛けを施している、金井先生が具体的な箇所を示してくださいました。
的確な音程、リズム、発音などの実践により仕掛けはより効果を発揮します。パート毎の完成度が求められます。
合唱団の全員ができることが理想、半分できたら合唱団としで出来てるように聴こえる。3分の1ができればもしかしたらそのように聞こえるかも!!
難しいですがやりがいがあります。

次回、パート発声はバス。

アンサンブルは28番からスタートします。

20240420-1
20240420-2

2024年4月13日

#21 His yoke is easy
#22 Behold the Lamb of God
#24 Surely he hath borne our griefs
#25 And with his stripes we are healed

毎回のように金井先生がおっしゃるのは、ロマン派ではないバロック様式で表現しましょう。広瀬先生からは、どんな声を出すかイメージして歌いだしましょう。丹田で支えましょう。
なかなか難しいことですが、パートリーダーを中心にパート毎の声を作っていきましょう。
できるだけ楽譜から目を離して先生を見て練習できるように、リズム読みは大事ですよ。

次回、パート発声はソプラノ。
アンサンブルは25番からスタートします。

20240413-1
20240413-2

2024年3月30日

#9 O thou that tellest good tidings to Zion
#12 For unto us a child is born
#17 Glory to God
#21 His yoke is easy

各パートに宿題があります。。
早くて軽い声、しっかり届く子音。立派な声はNG。
パートごとの音を揃えて、音楽の表現として使いこなせるようになりましょう。
次回、パート発声はテノール
アンサンブルは21番からスタートします。

0330TIVEアンサンブル練習1
0330TIVEアンサンブル練習2

2024年3月23日

#4 And the glory of the Lord
#7 And he shall Purify
#9 O thou that tellest good tidings to Zion

次回

9番からです

皆さまマメに伝助への入力をお願いします。
はっきりしないところは空白にせず△印でよいので入れてください。
どのパートをいつのタイミングで設定するか、先生方との調整都合ありますので必ずお願いします。

金井先生から、広瀬先生からたくさんの課題が提示されています。自己研鑽はもちろんですが、声を合わせることで共通のイメージやチームワークを築いていきます。合唱団として大事なことですね。
熱心なご指導ゆえ厳しい場面もあるかと思いますが、へこたれずついていきましょう!きっと上手くいくから大丈夫!

240323_1330
240323_1411
240323_1551

2024年3月9日

#53 Worthy is the Lamb that was slain
  Amen

次回こそ4番に戻ります

終曲53番を練習しました。
次回は4番からスタート、ニ巡目にはいります。
優しく柔らかく軽やかに豊かに、古い時代の英語で…。先生方から合唱団への要求も深く広くなってきました。パート毎に発声、子音、母音、テキストの扱いが揃うようにしましょう。

★次回とその次も曳舟文化センターが練習会場。先生が出入り口側、合唱団が窓側。3月9日とは逆の位置で椅子を並べてください。
ビアノの移動なども速やかに。
皆さまよろしくお願いします。

0309-1
0309-2
0309-3
SOPパート練習~最後まで

2024年2月24日

動画はありません

#44 Hallelujah
#46 Since by man came death
#51 But thanks, thanks be to God
#53 Worthy is the Lamb that was slain

次回は53番から開始して4番に戻ります。

0224TIVE練習1
0224TIVE練習2
0224TIVE練習3

2024年2月10日

#39 Their sound is gone out
#41 Let us break asunder
#44 Hallelujah

39.41.44番を練習しました。
次回は44番から開始して46.51番へ進む予定です。残すは終局53番のみとなりますが、うっかり到達の可能性もできないのでさらっと見ておいてください。
各パート毎に練習レポートありますのでご確認ください。よろしくお願いいたします。
★41番の発音表に脱字あり、各自で書き込みお願いします。
and  cast  away  their  yokes  from  us
awayの【y】が抜け 発音記号は【i】

“0210TIVEアンサンブル練習1
“0210TIVEアンサンブル練習2
“0210TIVEアンサンブル練習3

2024年1月27日

#33 Lift up your heads, O ye Gates
#35 Let all the angels of God worship him
#37 The Lord gave the word

今回は33番.35番.37番.39番を練習しました。次回は39番からです。必ずリズム読み等の予習をしてから練習に参加しましょう。(Let usは絶対早口でも読める練習しておいてください!)

★注意ポイント
・33https://m.youtube.com/watch?v=aPNgHjoIzEo&list=PLhSQ4ScrGNphY3rEEZEBO87Tm6TIzhB-U&ab_channel=msksatou番
16分で出るところ、符点のリズムをパートでしっかり揃えておく。14小節や16小節の上に書いてある符点のリズムを採用。
hostsは二重母音なので注意。

・35番
angelsも二重母音なので注意。
メリスマは階名でも口が回るように。たくさん息を使って歌う。

・37番
言葉でリズムを作るように子音をはっきりと出す。rをしっかり巻く

・39番
ソプラノのスタートの音は8分音符で歌う。

0127TIVEアンサンブル練習1
0127TIVEアンサンブル練習2
0127TIVEアンサンブル練習3

2024年1月16日

動画はありません

#26 All we like sheep have gone astray P.106,
#28 He trusted in God P115
#33 Lift up your heads, O ye Gates

次回の練習曲は33、35、37、そして39まで進む可能性ありです。
また、金井先生に伺ったところ参考にしたいのはホグウッド指揮のメサイア、軽やかな演奏が良いそうです。ただし、古楽器なので低いピッチではあります。

“0113TIVEアンサンブル練習1
0113TIVEアンサンブル練習2

2023年12月23日

#24 Surely he hath borne our griefs P.98,
#25 And with his stripes we are healed P.102,
#26 All we like sheep have gone astray P.106,

次回の練習曲は25.26.28。
表情筋機能アップを意識して、各自準備をしてください。

2023年12月9日

練習曲(#21は録音のみ)
#21 His yoke is easy, and his burthen is light P.86,
#22 Behold the Lamb of God P.91,
#24 Surely He hath borne our griefs P.98,

次回練習予定は24、25、26です。
★24の発音資料訂正
He  was wounded for our transgressions
最後のsは「z」で発音してください。
資料には『s』と印字してますが誤りです

1209-1
1209-2
1209-3

2023年11月25日

11/25練習曲: 12,17,21
次回12/9予定:21,22,24,25
各自予習しましょう。
早い息で軽やかに歌いましょう。
軟口蓋をあげた状態で早い口の動き!常に意識してください。

1125TIVEアンサンブル練習1
1125TIVEアンサンブル練習2
1125TIVEアンサンブル練習3

2023年11月11日

11/11練習曲: 9,12
次回11/25予定:12,17,21,22
各自予習しましょう。
今回も先生からゴリゴリ叱られながらの練習、録音の通りです。アンサンブルでは先生の顔をみて細かなご指導を受け止めあれることが理想です。ハードル高いですが、がんがん頑張りましょう!

2023年10月28日

0/28練習曲: 7,9,12
次回11/11予定: 9,12,17
・階名リズム読み
・テキストでリズム読み
テキストの際はクリアな母音と子音、古い時代の英語の発音に注意を向けて取り組んでください。

1028TIVEアンサンブル練習1
1028TIVEアンサンブル練習2

2023年10月14日

タイトルとURLをコピーしました